Menu

合宿免許の自動車免許で乗れる具体的な車

普通自動車免許関係で乗れる車とは

多くの方が合宿免許を通じて取得する免許といえば、「普通自動車免許」が一般的です。普通自動車免許は、文字通り一般に走っている乗用車を運転するために必要な免許で、新規で取得する場合は普通自動車免許のほか、普通自動車2種免許と普通自動2輪免許が挙げられます。普通自動車免許は国内で販売されている乗用車のほとんどと、原付バイクや小型特殊自動車に乗ることができます。このため普通に生活していくには普通自動車免許があれば十分です。

普通自動車2種免許は、普通自動車を使って有料でお客さんを乗せるために必要となります。このためタクシーやハイヤーにお客さんを乗せて運転する場合は2種免許が欠かせません。ただしお客さんを乗せない状態でタクシーを運転する場合は普通自動車免許でも運転できます。

普通自動2論免許は、普通のバイクを運転する際に必要です。普通自動2輪免許でも原付バイクや小型特殊自動車の運転もできます。

準中型・中型自動車関係の免許で乗れる車とは

準中型・中型自動車関係の免許には次のような種類があります。新規で取る場合は、準中型自動車免許と中型自動車免許、中型自動車2種免許です。準中型自動車免許で運転できる車は普通自動車免許と同じく10人以下のものですが、総重量の点では普通自動車免許が3.5トン以下であるのに対し、準中型自動車免許で7.5トン以下と格段に幅広くなります。このため普通乗用車に加えて、いわゆる2トントラックも運転可能です。

中型自動車免許の場合は、定員も増えて29人以下の車両であれば運転できます。具体的にはマイクロバスサイズの車両であるため、幼稚園や介護施設などの送迎バスがその代表例です。中型自動車2種免許は、マイクロバスサイズの車両を使って有料でお客さんを運ぶ際に必要な免許といえます。この免許があれば車両のサイズによっては、地域を走るコミュニティバスの運転も可能です。

大型自動車関係の免許や原付免許、けん引免許、特殊免許で乗れる車とは

大型自動車関係の免許には、大型自動車免許のほか、大型自動車2種免許と大型自動二輪免許があります。大型自動車免許では定員30人以上の車両を運転できるため、観光バスサイズの車両を無料で運転する場合に使われることが多いです。大型自動車2種免許は路線バスや観光バスを業務で運転する際に必須の免許で、特にバスの運転士として活躍したい場合は取得をおすすめします。大型自動二輪免許は普通自動二輪では走ることのできない400cc以上の2輪車に乗れる免許です。

合宿免許で取得できる自動車免許には、ほかにも特殊なものがあります。まず原付免許はスクーターなどの原付バイクを運転できるものです。けん引免許は事故車などを引っ張る際やトレーラーの運転に必要となります。けん引免許にも2種免許がありますが、実際に使える場所は多摩を走る温泉へのバスだけです。

特殊免許には小型自動車特殊免許と大型自動車特殊免許、大型自動車特殊2種免許があります。小型自動車特殊免許は、特殊な形になっている小型自動車を運転できる免許です。小型自動車は具体的にはトラクターのような農作業機械や、フォークリフトのような倉庫内作業で使われる車両に乗れます。大型自動車特殊免許は小型自動車特殊免許で運転できない車種に必要で、クレーン車やブルドーザーなどの建築機械を運転する際に欠かせません。大型自動車特殊2種免許については日本国内を走る車両で運転できるものはありませんが、確かな運転技術を証明するにはうってつけの免許です。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう