Menu

開業祝いとは

友人やお世話になった人がお店などを新規オープンさせることは、大変おめでたいことでありその際には開業祝いを贈ることになるのではないでしょうか。開業祝いとは実際にその場所で業務を始めたことに対するお祝いのことであり、業務のスタートの際に贈ります。これからの事業の発展や応援の意味が込められているだけではなく、贈る側からはこれからも良好な関係を築いていきたいという、関係強化や取引拡大を狙う意も込められているのでマナーには十分気をつけておかなくてはなりません。開業祝いは知らせを受けたらできる限り早く贈るようにしておくべきであり、遅くても開業の一週間前には贈るようにしておきましょう。

しかしどんなものでも早ければ良いというわけではありません。開業祝いの定番とも言えるものといえば、やはり花です。生花の場合には開業当日の午前中でも良いとされています。しかし開業したばかりとなれば相手は何かと忙しいので対応するのが迷惑ということにもなりかねないので気をつけなくてはなりません。開業祝いの定番である胡蝶蘭など、日持ちするお花や観葉植物を選ぶようにしておき前日や前々日に届くように手配しておくと喜ばれるのではないでしょうか。贈る際に頭を悩ませることになるのが、金額の相場や何を贈れば良いのかという点になりますが、金額は相手との関係性や自分の立場で考えて問題はありません。重要な取引先となれば、三万円から五万円はかけておくべきですがそれほどでない場合には一万円ほどでも問題はありません。友人となれば、五千円から一万円程度が相場と言えます。良かれと考えて高額な贈り物をする人も中にはいますが、あまり高額になると相手が恐縮してしまうので高ければ良いということではありません。贈ってはならないものとして最低限頭に置いておくべきなのが、赤色のものは贈らないという点ではないでしょうか。赤色は家事を連想させることになるので、縁起が良くありません。

それと同時にマットやスリッパといった踏みつけるものもマナー違反となります。開業祝いとは、相手を祝うという意味もありますが相手とのその後の関係性をいかに良好にできるかという重要な意味も込められています。ただ贈れば良いというものではなく、品物選びや金額の相場、そして贈るタイミングなど全ての点をよく考え、マナー違反とならないのはもちろんのこと喜んでもらえる開業祝いを贈るようにしましょう。