Menu

開業祝いでうれしいメッセージ集

開業した時にもらって嬉しいメッセージとしては、素直な応援の言葉であったり、それまでの苦労をねぎらったものであったり、さらにここから先にその事業が発展していくように、末広がり的な意味合いを含めたものなどがあります。あまりひねりを入れ過ぎて意味が読み取れないものや、慇懃無礼な言葉を多用するのは深読みされてしまい、素直にお祝いとして取ってもらえない可能性もありますので、シンプルで短いものが喜ばれるものです。定型文として多用される「開業おめでとうございます」に「ますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます」や「千客万来、商売繁盛を心からお祈り申し上げます」を合わせてでもよいのです。締めには「今後ともよろしくお願いいたします」となりますが。先方の会社の正式名称と、お相手の名前は絶対に間違えてはいけないので、くれぐれも複数回の確認を行いましょう。また、お祝いにふさわしくない忌み言葉というものがあります。赤字や火事を連想させる「赤」に纏わる言葉は避けましょう。さらには商売におけるマイナスのイメージが含まれる「敗れる」や「失う」「閉じる」「寂れる」などは厳禁であると心得ましょう。素直なお祝いの言葉を連ねれば、まずそういった表現は使われることはない筈ですが。カードや電報を送る際には、原稿の段階で何度も声に出して読み上げ、その音から湧いてくるイメージなども大切にしてメッセージを考えてみましょう。