Menu

開業祝いのマナー

開業祝いや開店祝いは、その人やその団体などが新たに経営を始めることを祝うことであり、それ相応の祝福をしてあげたいものです。ただ、開業や開店を祝う機会などはなかなか無く、いざやろうと思っても難しい場面もあります。そこで、最低限の開業祝いのマナーを把握しておくことで、いざというときの備えをしておきましょう。 まずはその規模です。一番分かりやすいのは金額であり、一番悩むところでもあるでしょう。金額が低すぎることを気にしすぎて、反対に高くなることも避けたいため、ある程度の相場を知っておくと効果的です。一般的には、その人との関わりの親密さなどによって、約五千円から五万円の範囲内に抑えると良いでしょう。昔から親交があることや、お世話になった事実などがあれば、それに加えて金額をプラスして気持ちを伝えることも選択肢として挙げられます。 次に、贈るタイミングです。開業や開店に合わせてセレモニーなどがあれば、それに合わせて贈っても良いし、それが無ければ数日前から相手方に連絡するなどして、開業や開店の邪魔にならないように贈るようにしましょう。自身が忙しかったり、あるいは相手のタイミングが合わなかったりした時以外は、開業や開店の日に遅れないように贈ることが重要となります。