Menu

開業祝いの相場感

開業祝いの相場感は、相手方がどのような立場の方かによって違いがあります。 一般的に多いと思われるのが、取引先に開業祝いを贈るケースでしょう。通常のビジネス上のお付き合いであれば、1万円~3万円くらいですが、主要な取引先やお付き合いの長い企業であれば、3万円~5万円と考えた方が良いでしょう。ご祝儀は失礼に当たるので、なるべく花やインテリア雑貨など、無難な感じの物を贈るといいでしょう。 開業祝いを贈る相手が友人であれば、5千円~1万円程度となります。友人であれば、趣味や欲しい物が分かることもあり、インテリア用品やハンディクリーナーや空気清浄機などのオフィスで使える家電も喜ばれることがあります。仕事に関係なく、趣味の物や酒やコーヒー、紅茶、お茶などの好みの銘柄の飲み物でもいいでしょう。店舗に飾れるかご盛りの花や、空気を綺麗にする作用のある観葉植物もいいでしょう。 開業するのが親族の場合は、1万円~5万円の範囲内が相場となります。特に、親子関係であれば、3万円~5万円と比較的高くなる傾向にあり、兄弟姉妹の場合も2万円~3万円程度にすることが多いと言われています。親族の場合は、店を盛り上げるために大きめの花を贈る方も多いですが、家族や日頃親しくしている近い親族の場合は、開業資金の足しにするようにと考え、ご祝儀として渡す場合もあります。どのくらい贈ろうか迷う場合には、多めに贈るようにしてください。